稼いで終わりじゃない?ココナラの収入次第では確定申告が必要!

ココナラは、自分自身が得意としているものや経験したものを、ワンコインで販売できるフリーマーケットサイトとして知られており、副収入源として利用している人は少なくありません。

中にはかなりの収入を得ている人もいるのですが、そこで気になってくるのが収入によって発生してくる税金の問題です。

ココナラの仕事は単純なお小遣い稼ぎではあるものの、収入を得ている以上は確定申告をしなければいけないのかどうか、迷っている人も多いようです。

ココナラの収入は確定申告が必要?

副業の儲けが20万円以下の場合は確定申告が不要

まず、ココナラで収入を得た場合の確定申告の必要性ですが、場合によっては必要性があると言われています。

確定申告をするかどうかのポイントは「ココナラで得た収入額」だとされていて、基本的に確定申告は給与所得以外の収入が年間で20万円以下であれば必要はないとされているのです。

つまりココナラでの収入が、年間で20万円以下であれば確定申告をしなくても良いと言えますが、年間で20万円を超えているのであれば確定申告を考えなければいけません。

これを月間で換算すると月におよそ1万6千円以上稼いでいる人は確定申告の対象となっているので、気になる場合は自分が年間もしくは月間でどの程度稼いでいるのか計算しておく必要があります。

また確定申告の必要性に関しては、ココナラを「法人」で利用しているのか「個人」で利用しているのかによっても異なっており、例えば法人として利用している場合には上記の条件でいいのですが、個人の場合には条件が異なります。

個人で登録してココナラで収入を得ている場合、収入から必要経費を引いた額である所得が年間38万円以下であるかどうかで確定申告の必要性が変わってきます。

年間で38万円以上の収入があれば当然確定申告が必要になりますし、ココナラ以外にもフリーマーケットサイトやお小遣いサイトに登録している場合には、そちらも含めての所得がどの程度になるのか計算しなければいけません。

このようにココナラで収入を得ている場合でも、収入額によって確定申告の必要性が異なっているので、まずはその点を確認しておくのがおすすめです。

そして確定申告をする上で注意しなければいけないのが、会計取引をする際に必要となってくる「仕訳」です。

実際にココナラを利用していて、確定申告が必要になった人で仕訳を行なった事例もあり、「副業だから」「お小遣い稼ぎだから」と言っても確定申告が必要になった時点で仕訳などの記録は非常に重要になります。

ココナラの収入の仕訳例

そのため、ココナラで収入を得ている人は取引を行った日時や勘定項目、金額などを記録しておく必要があります。

取引の詳細に関しては、自分たちの登録しているマイページなどから確認できます。

ただし登録されている履歴の数には限りがあるので、自分たちで個別に履歴を管理しておくのも必要だと言われており、特に取引の件数が多い人は確定申告の対象となっている可能性が高いので、出来る限り詳細に取引の履歴を記録しておきましょう。

ココナラで副業すると会社にバレるの?

更に、ココナラなどの副業で確定申告が必要になった人たちにとって一番気になるのが、「副業で収入を得ている事実が会社に知られてしまうのではないか」というところです。

企業によっては副業を禁止しているところもありますし、禁止されていないにしても副業での収入はあまり会社に知られたくない人も多いでしょう。

特に、マイナンバー制度が導入されたので会社にばれてしまうのではないか、と不安に思っている人もいます。

知っておきたい住民税の仕組み

確定申告をすると、給与以外の所得に対する住民税の課税金額が会社に通知されるシステムになっているので、このシステムによってココナラなどの副収入が発覚してしまう可能性はあります。

このシステムは、会社の給与で課税される住民税と一括して源泉徴収するために発生しているものなので、通常通りの確定申告をしていると副収入がある事実が会社に知られる可能性はあるわけです。

副業を会社に知られたくない場合の第2表の記載方法

そのため会社に知られたくない人は、確定申告書の2枚目にある「住民税の徴収方法」の項目を「自分で納税」にしなければいけません。

「自分で納税」にすれば文字通り自分で住民税を納税しなければいけないものの、会社に通知されないのでココナラでの収入に気付かれるリスクを回避できるようになります。

ただしこの方法でも確実に回避できるわけではないので、専門家に相談するのがおすすめです。

わからなければ専門家に相談しよう

自分で確定申告をするにしても実際にはどのようにすれば良いのか分からない人も多いですし、それまで確定申告に関わった経験がない人は、手続きの一切を知らないということも少なくありません。

そのような場合は、ココナラでも最寄の税務署に相談するように推奨していますし、税務署以外にも税理士に相談するなど、専門家に確定申告の手続きを委託するのもおすすめの方法のひとつです。

またココナラで提供されている商品の中に確定申告に関するものもいくつかあるので、そちらにお願いしてみるのもひとつの方法でしょう。

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

確定申告の基礎知識
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド