amazonアソシエイトで収入ゲット!確定申告は必要?不要?

アフィリエイター、副業ブロガーのあなた!

amazonアソシエイトから収入をもらってるんじゃないですか?

Amazonアソシエイトの収入があるけど確定申告が必要なのか分からない…

そんなあなたにAmazonアソシエイトからの収入の取扱いを説明します。

Amazonアソシエイトとは

amazonアソシエイトとはアフィリエイトシステムのひとつで、通常のアフィリエイトと違って画像が使えるところや、初心者でも使いやすいところからブログやサイトに貼り付けている人も多いようです。

そこから閲覧者がクリックすれば広告収入を得られるようになっているので、ちょっとした副業として副収入を得ている人も少なくないと言われています。

Amazonアソシエイトからの収入は確定申告が必要?

amazonアソシエイトを利用している上で注意しなければいけないのが、確定申告の存在です。

一般的に副収入で確定申告が必要なのかと疑問を持っている人も多いのですが、実はアフィリエリトシステムをはじめとした副収入は、年間で20万円以上得ている場合、確定申告をしなければいけないと決まっています。

これはamazonアソシエイトも例外ではありません。

むしろamazonアソシエイトは確定申告を行なう可能性を踏まえた報酬サービスを導入しているので、申告しなければいけない場合とそうではない場合がわかりやすい副業と言われています。

副業の儲けで年間20万円を超えれば確定申告が必要です

ちなみに確定申告をする必要があるのは、あくまでも年間で20万円以上の収入がある場合に限られているので、20万円以下であった場合には申告する必要はありません。

ですが報酬が現金ではなくギフト券や金券、または銀行振り込みの形であっても収入には変わりないので、その点は自分で計算しながら確定申告の必要性があるのかどうか確認しましょう。

Amazonアソシエイトの年間収入金額の確認方法

では、どのようにamazonアソシエイトで確定申告の必要性を確認するのかですが、ポイントとしてはマイページ内にある支払履歴の情報が挙げられます。

支払履歴の中には「銀行振り込みによる支払」や「振り込み手数料」などの項目があるので、そちらをそれぞれ「売上」と「経費」に換算してチェックしていきます。

そうして1年間の売上と経費がどの程度かかったのか、それらを差し引いて年間で20万円以上の稼ぎがあったのかどうかを確認するのです。

Amazonアソシエイトの収入は事業所得?雑所得?

ちなみに、amazonアソシエイトの確定申告に関してはすでに仕訳事例も存在しているので、そちらを参考にしながら自分たちで手続きをするのも可能です。

自分たちでする場合にはamazonアソシエイトは「事業所得」としての分類になるので、青色もしくは白色の申告書で行なうようになっているのですが、これはあくまでもフリーランスとして本格的に収入を得ている場合です。

そこまで稼いでいないけれども、確定申告の対象となっている場合は「雑所得」として申請するようになっており、どちらの場合であっても経費も一緒に申告する必要があります。

確定申告をしなければどうなる?

このようにamazonアソシエイトでの副収入は、年間20万円以上と言うラインを超えているのかどうかで確定申告の必要性が異なっているのですが、すでに仕訳事例が存在しているところから、一定の条件を超えている人たちのほとんどが確定申告を行なっている事実があります。

そのため「ただのお小遣い稼ぎなのだからそこまでする必要はない」「一時的な収入なのだから確定申告をするまでもない」と思っている人もいるのですが、条件を超えている場合、確定申告は義務となっているので、必ず申告しなければいけないのです。

Amazonアソシエイトの仕訳例

Amazonアソシエイト収入受取時に税金が引かれている場合には注意

ただしamazonアソシエイトの確定申告をする場合の注意点として、源泉徴収された報酬が振り込まれている場合があります。

これは12万円を超える報酬が振り込まれた月に見られる現象で、源泉徴収されて振り込まれた報酬でそのまま確定申告をしてしまうと、所得税が二重にかかってしまいます。

その結果、余計に税金を払ってしまうことになってしまうのですが、そのような事態になっても余計に支払った税金は戻ってきません。

つまり、問題はないにしても自分が損をしてしまうだけなので、受け取った報酬が源泉徴収を受けていないかどうかを確認しながら確定申告をする必要があるのです。

源泉徴収されていても確定申告は必要なので注意

なお、このように源泉徴収された報酬があった場合には確定申告をしなくて良いわけではありませんし、それを差し引いた金額で確定申告が必要かどうかを計算するわけではありません。

この場合には源泉徴収税額と呼ばれるものを申告する必要があり、この手続きをしておけば確定申告をしても二重に税金を取られる事態を予防できます。

若干面倒な部分もありますが、amazonアソシエイトでの収入をしっかり手に入れるための義務として、念頭に入れておいた方がいいでしょう。

分からないときは税務署や税理士に相談しよう

そうして条件を満たしている場合には、確定申告の手続きをしなければいけないのですが、自分でどのように手続きをしていいのかわからない場合や、チェックしてみたけれども確定申告が必要なのか計算できない場合には、税務署や税理士に相談するのがおすすめです。

その時にはマイページ内にある支払履歴をコピーしておけば、どこまで申告すれば良いのかアドバイスをもらえますし、税理士の場合は手続きを代行してもらえばスムーズに確定申告ができます。

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

確定申告の基礎知識
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド