自分の家で仕事をしてるのですが、自宅の家賃は経費になりますか?

迷いやすい経費の判断

自宅の家賃は経費になる?

賃貸の自宅の一部を事務所として使用している場合

副業で一番多いのはこのパターンではないでしょうか。

賃貸の自宅の一部を仕事に利用している場合、家賃のうち一部を経費として計上することができます。

自己所有の自宅の一部を事務所として使用

マイホームを事務所としているパターンもあるでしょう。

自宅所有の自宅の一部を事務所として使用している場合、家賃の支払いはありませんが住宅ローンを組んでいてローンの返済をしているケースはよくあるかと思います。

このローンの返済は経費にはなりません。

ローンの返済は借りたものを返しているだけだからです。

ただし、ローンの利息などは一部を経費にすることができます。

事務所を借りた場合

事務所を借りた場合には、事務所の毎月の家賃が経費になります。

契約時に敷金を支払っている場合、敷金は契約終了時に返ってくるものなので経費にはなりません。

また契約時に礼金があれば、20万円未満のものは一括で経費にできますが、20万円以上のものについては繰延資産に該当します。

繰延資産に該当する礼金は5年間で均等償却します。

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

迷いやすい経費の判断
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド