確定申告でA8.netの収入金額を集計する方法と仕訳例

確定申告マニュアル

アフィリエイターなら誰もが使っているのではないでしょうか。

大手ASP「A8.net」の収入金額を集計する方法と仕訳例をご紹介します。

A8.netの収入金額を集計する方法

まずはA8.netにログインしましょう。

ログインしたら、レポートの成果報酬をクリックします。

下記のようなページにたどり着くと思います。

各月の確定報酬額・税込という列があります。

ピンクのラインで囲っている部分がA8.netの1月1日〜12月31日までの収入金額になります。

念のためこのページを印刷して保管しておくと証拠資料としても利用できるので便利です。

A8.netの収入の仕訳例

A8.netの収入を記帳する際の仕訳を具体例をもとにご紹介します。

報酬確定時の仕訳

2016年12月のA8.netの確定報酬額は11,679円でした。

このような場合、まず報酬確定時に下記の仕訳を切ります。

借方金額貸方金額
未収入金11,679円売上高11,679円

報酬振込時の処理

2016年12月分のA8.netの確定報酬額11,679円が銀行口座に入金がありました。

振込手数料は150円でこちらが負担しました。

報酬確定時には未収入金ですが、おおよそ2ヶ月後に報酬が支払われますのでこのときに未収入金を取り崩します。

振込の際に負担した振込手数料は経費になります。

報酬振込時の仕訳は以下のようになります。

借方金額貸方金額
 普通預金11,529円未収入金11,679円
 支払手数料 150円
無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

確定申告マニュアル
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド