電子定款で合同会社を設立すると本当に得なのか【もっと安くなる】

合同会社設立
定款は電子定款にして合同会社を設立すると4万円の収入印紙を節約できるらしい。
なので電子定款にしようと思っているので電子定款の作成方法を教えてほしい。

こんな疑問に答えます。が、ちょっと待って下さい。
まずは電子定款を作成すると本当に安くなるのか、説明します。
結論を先に伝えておくと、自分で電子定款を作るのと紙の定款を作るのとではあまり節約になりません
専門家に電子定款を作成してもらうのが最も安い合同会社の設立方法です。

合同会社の定款作成にかかる費用の比較

具体的に合同会社の定款を作成するために、何に、いくらかかるのか、紙の定款の場合と電子定款の場合とで比較してみます。

紙の定款の場合

紙の定款の場合にかかる費用は次のとおりです。

内容金額
定款に貼る印紙40,000円
登録免許税60,000円
印鑑5,000円〜
印鑑証明書等の発行手数料2,000円〜
合計107,000円〜

だいたい10万円くらいのイメージです。
大きいのは印紙税と登録免許税の2つですね。
印紙税は電子定款にすることで不要になります。

電子定款の場合

一方、得になると言われている電子定款の場合は以下のとおり。

内容金額
登録免許税60,000円
印鑑5,000円〜
印鑑証明書等の発行手数料2,000円〜
ICカードリーダライタ2,000円〜
Adobe Acrobat17,000円〜
合計86,000円〜

紙の定款に貼っていた印紙代40,000円はかからなくなりましたが、電子定款の作成に必要なICカードリーダライタとAdobe Acrobatというソフトが必要になります。

ICカードリーダライタ

ICカードリーダライタは、電子証明書をPCで読み込むための機械になります。
電子証明書なんて持ってないよ、と思われるかもしれませんが、マイナンバーカードや住基カードがこれに当たります。
電子証明書は印鑑みたいなものです。
デジタルで本人確認をするためのツールですね。
ICカードリーダライタと電子証明書を持っていると毎年の確定申告などもペーパーレスでパソコンから送信するだけで済むのでいろいろと便利です。
ICカードリーダライタであれば何でも良いというわけではなく対応しているか確認しておく必要があります。
ちなみに僕は下記のものを使ってます。

Adobe Acrobat

Adobe Acrobatとはpdfを加工編集できるソフトウェアになります。
フォトショップやイラストレーターで有名なAdobeという会社が開発しています。
pdfを加工編集なんてあまりしないですよね。
僕の場合、日常的に利用するのであれば良いのですが、これはもったいないなと思い自分で電子定款を作成することはやめました。

合同会社設立の費用比較

紙の定款の場合と電子定款の場合の合同会社設立費用の違いをまとめると以下の表のようになります。

内容紙の定款電子定款
定款に貼る印紙40,000円0円
登録免許税60,000円60,000円
印鑑5,000円〜5,000円〜
印鑑証明書等の発行手数料2,000円〜2,000円〜
ICカードリーダライタ0円2,000円〜
Adobe Acrobat0円17,000円〜
合計107,000円〜86,000円〜

 

ちなみに余談ですが、合同会社設立にも費用がかかりますが、設立後もそこそこ費用がかかることを想定しておきましょう。
例えば名刺だったり、ウェブサイト・チラシなどの販促費、営業のための旅費交通費や交際費など、最初は売上が立たず経費がかさむことが想定されます。

最安で設立するなら専門家に電子定款を作成してもらう

確かに電子定款を作成して合同会社を設立する方が得でしたね。
でも、もっと安く合同会社設立をする方法があります。
専門家に依頼する方法です。
専門家に依頼した場合の合同会社設立の費用は以下のとおり。
会社設立freeeを使って専門家に依頼した場合です。

内容専門家
登録免許税60,000円
印鑑5,000円〜
印鑑証明書等の発行手数料2,000円〜
専門家報酬5,000円
合計72,000円〜

72,000円〜というところまで下がりました。
専門家に依頼する方が自分で電子定款を作成するよりも安いんですね。
これは頼まない手はないですね。

会社設立freeeなら簡単に専門家に依頼できる


専門家に依頼するなら開業freeeが便利です。
フォームに入力するだけで会社設立に必要な書類を一通り自動で作成してくれます。
開業freee

まとめ

合同会社設立の費用をまとめるとこんな感じ。

内容紙の定款電子定款専門家
定款に貼る印紙40,000円0円0円
登録免許税60,000円60,000円60,000円
印鑑5,000円〜5,000円〜5,000円〜
印鑑証明書等の発行手数料2,000円〜2,000円〜2,000円〜
ICカードリーダライタ0円2,000円〜0円
Adobe Acrobat0円17,000円〜0円
専門家報酬 5,000円
合計107,000円〜86,000円〜72,000円〜

定款作成の方法によってこんなにも変わってきます。
おすすめは専門家に依頼することです。
専門家はプロですのでミス無く、早く、安く定款作成をしてくれるので安心でしょう。
会社設立の専門家に依頼するなら開業freeeを使って依頼しましょう。
 

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

合同会社設立
freee使い方ラボ
タイトルとURLをコピーしました