未分類

クラウド会計freeeが仮想通貨の確定申告に対応!

更新日:

freeeが仮想通貨の確定申告に対応する機能を提供する予定だそうです。

会計freee における仮想通貨の利益(雑所得)の確定申告への対応について | クラウド会計ソフト freee」というページに発表されています。

仮想通貨の所得計算はとてもめんどう…

2017年は仮想通貨の年でした。

1年間で仮想通貨の相場が10倍以上になりました。

誰もこんな状況になるとは想像していなかったでしょう。

仮想通貨での儲けに対して税金がかかるのか、議論が生じていたため、国税庁は、タックスアンサーでビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係について、原則として雑所得になり、税金がかかりますということを明確に示しました。

そうすると今度は、税金がかかるのはわかったけど、儲けた金額はどうやって計算するの?

こんな疑問が出てきました。

これについても国税庁が回答しています。

詳しくは以下の記事で確認してください。

国税庁の回答によるとビットコインの売買のたびに利益を計算して雑所得を算出しなければならないのですが、現実的にはかなり手間のかかる作業です。

ビットコイン(仮装通貨)の確定申告はfreeeでするのがラク

freeeは仮装通貨の申告に対応すると発表しています。

2018年1月時点で仮装通貨の申告に対応すると発表しているのはfreeeだけです。

ビットコインで利益が出たけど1人で申告出来るか不安がある方はfreeeで申告するのが良いでしょう。

めんどうな確定申告をラクにしたいならクラウド会計

 フリーランス・パラレルキャリアのあなたがめんどうな確定申告をサクッと終わらせるためにクラウド会計は必須のツールです。

当サイトではフリーランス・パラレルキャリアにマッチしたクラウド会計を調べました。

どのクラウド会計も無料プランがあって、試しに使ってみることができます。

MFクラウド確定申告

自動仕訳で効率化!本業に集中できる

MFクラウドなら銀行口座と連携して自動で仕訳に処理して経理業務を効率化出来ます。

また、従来の会計システムに自動経理機能を追加したクラウド会計システムなので操作性はこれまでの会計システムと似ています。

ですので経理・確定申告経験者ならすぐに使えるようになりますし、税理士に依頼するなら税理士もすぐに慣れてもらえます。

クラウド会計「freee」

簿記の知識が無くても簡単につかえる!

クラウド会計freeeは今までの複式簿記の会計システムとは少し違った会計システムです。

今までの会計システムに慣れている方は使いにくいと感じることもあります。

会計の勉強をしたことのない、勉強する時間もない開業したてのフリーランスはfreeeがおすすめです。

やよいの青色申告オンライン

弥生会計クラウド版!

これまでインストール型の弥生会計を使っていた方であればクラウド版の弥生会計にするのもありです。

税理士は弥生会計を使っていない人はいないので税理士が対応してくれないということもないでしょう。

-未分類

Copyright© クラウド会計確定申告ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.