クラウド会計ソフトfreeeの使い方がわかる本まとめ

freee

クラウド会計ソフトfreeeで経理をはじめることに決めた。

freeeの使い方がわからないのでおすすめの本があったら教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

クラウド会計ソフトfreeeのおすすめ本

freeeの操作から税金の基礎知識まで理解できる書籍はこちら

スマホでかんたん確定申告 ~青色申告をラクに済ませるfreeeの使い方から節税のコツまで

freeeはスマホアプリで経理が出来るんです。これはいまのところfreeeのスマホアプリにしか出来ません。

『スマホでかんたん確定申告 ~青色申告をラクに済ませるfreeeの使い方から節税のコツまで』はfreeeのスマホアプリをフルに活用しながら経理・確定申告が出来るようになる書籍です。

freeeのWeb版だけじゃなくスマホアプリの操作方法もわかるのは本書のポイントです。

ひと月3分、ムダ0確定申告 ――税理士が教えたくなかった最強節税術! 【freee対応】

freeeやMFクラウドを使うだけで経理業務は効率化出来ると思いがちですが、もっと効率化するにはさらに上流の取引をシンプルにしていく必要があります。

例えば、事業用と個人用の口座は明確に区別したりなど、さらに経理業務を効率化するにはどうすればいいかという部分まで話があります。

ちいさなビジネス経営の味方 クラウド会計ソフトfreeeで確定申告を1日で完了させる本

『ちいさなビジネス経営の味方 クラウド会計ソフトfreeeで確定申告を1日で完了させる本 』はカラーで図やイラストが多く初めてでもとっつきやすい本です。

「文字ばっかり読みたくない」「図や画面のキャプチャを見て進めたい」と思われている方におすすめです。

ただし、上記2冊よりも内容はあっさりとしている印象でお得な情報や細かい内容についてはすくないです。

クラウド会計ソフトfreeeで困ったときの4つの解決方法

クラウド会計ソフトfreeeを使っていると、「こんな事できないかな?」「こうしたらもっと効率化出来るのに」などと思うこともあります。

こんなときどうすればいいのか、解決方法を説明します。

また、freeeを使いこなせるようになると、経理の効率化ができ、便利になるだけでなく、経理に使う時間も少なくなり、空いた時間を自由に使えるようになります。

ただfreeeを使いこなすにはある程度使い方をマスターする必要があります。

使い方をマスターするためにどのようにして学習していけば良いのか、その方法についても説明します。

本で勉強する

まず、上記のように本を購入して勉強することです。

本で勉強することの特徴はこんな感じ

  • ネットには公開されていない情報がある
  • 体系的に学べる
  • 有料

 

検索する

ネットで検索することの特徴はこんな感じ。

検索してみるとすぐに解決したなんてことも多いですよね。

  • 情報が断片的
  • 公式情報以外は信頼性が不明
  • 無料

公式ヘルプセンターを読む

freeeヘルプセンターの特徴は以下のとおり。

freeeを知る上では公式の情報も非常に頼りになります。

  • 断片的な情報
  • 無料
  • 公式なので信頼性は高い

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クラウド会計ソフトfreeeを使う上でおすすめの本を3冊紹介しました。

税理士が書いている本は実務的な効率化の方法のノウハウが詰まっていて、クラウド会計ソフトの操作以外にも学べる点が多いです。

「成功するには成功者に学ぶ」というようにまずは成功者の方法でやってみる。

そして自分で課題を見つけて改善していくという方法が効率的です。

まずは下記書籍でプロフェッショナルから学んでみましょう。

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

freee
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド