クラウド会計freeeのメリット・デメリット【MFクラウドと比較】

freee

「副業で儲かったから確定申告しないといけないけどどのシステムを使うか迷ってる…」

そんなあなたに、クラウド会計「freee」のメリットを説明します。

そもそもfreeeって?

そもそもfreeeってよく聞くけどどんな会社なのでしょうか。

freee株式会社は、2012年設立された会社です。代表の佐々木大輔氏は過去グーグルで働いていた経歴を持ってます。

freeeは現在800,000事業所で利用され、クラウド会計業界シェアNo1となっているクラウド会計システムです。

freeeの料金プラン

freeeの料金プランは無料のプランからあります。無料プランは機能が制限されていて無料プランでも手書きを駆使して確定申告することも可能ですが、毎年使うのであれば有料のプランのほうが使い勝手が良いです。

無料プランスタータースタンダードプレミアム
料金無料980円/月(税抜)

9,800円/年(税抜)

1,980円/月(税抜)

19,800円/年(税抜)

39,800円/年(税抜)
機能データ保存期間1ヶ月

確定申告書は入力のみ可能

基本的な記帳機能

基本的な請求機能

確定申告機能

スターター全機能

ファイル保存無制限

請求・支払効率化

各種レポート機能

消費税申告機能

スタンダード全機能

部門管理

電子帳簿保存

経費精算

サポートメールのみチャット・メールチャット・メール(優先対応)チャット・メール(優先対応)

導入サポート・電話サポート

freeeのメリット

ここから本題のfreeeのメリットについてご説明します。

freeeがこれまでの会計ソフトと全く異なる点は次の点です。

  1. 銀行口座を簡単に連携でき、仕訳入力の時間を短縮
  2. クレジットカード明細も簡単連携で仕訳入力の時間を短縮
  3. 質問に答えるだけで確定申告書を作成できる
  4. PC、スマホ、どこからでも最新情報を閲覧できる

銀行口座を簡単に連携でき、仕訳入力の時間を短縮

freeeは銀行口座の取引履歴を簡単に連携でき、仕訳データに取り込むことができます。

従来の会計ソフトであれば、インターネットを使って銀行口座の取引履歴を連携するという考え方がありませんでした。

銀行口座の取引を会計データに反映させるときには、通帳に記帳またはインターネットバンキングで取引履歴を閲覧して、これらの取引データを確認しながら手入力で仕訳をきっていくという手順をとっていました。

freeeなら銀行口座の登録をしておくことで、自動で銀行口座の取引を仕訳データに反映することができ、これまで手入力でしていた手順が不要になります。

クレジットカード明細も簡単連携で仕訳入力の時間を短縮

銀行口座と同じくクレジットカード明細もfreeeに登録しておくことによって自動で会計データに反映してくれるようになります。

質問に答えるだけで確定申告書を作成

freeeなら質問に答えるだけで確定申告書を作成することができます。

これまでの会計システムであれば、確定申告のマニュアルのような本を買ってきてそれを見ながら申告書を作成していたかと思います。

freeeは質問に答えるだけで基本的な内容の確定申告書であれば間違いがないように作成できるようになっています。

PC、スマホ、どこからでも最新情報を閲覧できる

freeeはクラウド会計なのでインターネット環境があればどこからでも最新の情報を閲覧することができます。

これまでの会計システムであれば、会計ソフトをPC本体にインストールするので会計データが見たいときは、会計ソフトをインストールしたPCが無いと見ることができませんでした。

freeeなら、会計データはクラウド上に保管しているので、どのPC、スマホであってもIDとパスワードがわかればログインして閲覧することが可能です。

スマホで経理も可能

また、閲覧にとどまらずスマホで経理処理をすることだって可能です。

freeeはiPhone・Android用のアプリも提供していてスマホにインストールすることでスキマ時間を活用して経理を終わらせることもできます。

freeeのメリットまとめ

いかがでしたでしょうか。もう一度クラウド会計freeeのメリットをまとめておきます。

  1. 銀行口座を簡単に連携でき、仕訳入力の時間を短縮
  2. クレジットカード明細も簡単連携で仕訳入力の時間を短縮
  3. 質問に答えるだけで確定申告書を作成できる
  4. PC、スマホ、どこからでも最新情報を閲覧できる

freeeを無料で一度お試しください。

他のクラウド会計と迷っている…

どのクラウド会計にするか迷っているのであれば一度使ってみるのが一番です。

freeeは無料プランがありますし最初の1か月は有料プランもお試し利用できます。

一部の機能は制限されていますが、根幹となる機能を体験利用できるので、もうfreeeに決まっているという方でも無料プランからはじめてみるのがいいです。

まだ迷っているあなた、一度試してみましょう。

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

freee
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド