収支内訳書を作成しよう

確定申告の基礎知識

白色申告で事業所得の確定申告をする際には、「収支内訳書」という書類を作成して確定申告書に添付しなければなりません。

収支内訳書って?

収支内訳書は、白色申告で確定申告をする場合に確定申告書に添付するもので、事業による一年間の所得を計算するためのものです。

収支内訳書は以下のような様式になっていて、基本的には埋めていけば今年の事業所得の金額が計算できます。

1ページ目

2ページ目

収支内訳書の作り方

売上の集計

売上とはアフィリエイト収入のことです。

1月1日から12月31日までのアフィリエイト収入を集計します。

アフィリエイト収入の計上基準

[st-card id=21]

アフィリエイト収入の集計方法

アフィリエイト収入の集計方法は以下の記事で説明しています。

 

経費の集計

経費は費目別に集計しよう

給料賃金

外注工賃

減価償却費

貸倒金

地代家賃

利子割引料

租税公課

荷造運賃

水道光熱費

旅費交通費

通信費

広告宣伝費

接待交際費

損害保険料

修繕費

消耗品費

福利厚生費

雑費

無料お試し可能!クラウド会計比較ランキング
freee

当サイト1番おすすめのクラウド会計は「freee」です。

会計があまりわからない初心者でも使えるように設計されています。

スマホアプリで経理ができるのはfreeeだけ。スキマ時間を使って経理を終わらせることが出来ます。

・無料プランあり
・スマホアプリで経理できる
・自動で経理
・簿記がわからなくても使える

MFクラウド

MFクラウドはこれまで会計ソフト、確定申告ソフトを使ったことがある方向けのクラウド会計です。

インストール型の会計ソフトと操作が似ているのですぐに使えるようになります。

もちろん初心者でも慣れれば使いこなせるようになります。

自動で経理も出来るので入力の手間がなくなります。

弥生会計オンライン

インストール型の確定申告では最もポピュラーで歴史も長い弥生が運営するクラウド会計です。

これまで弥生の確定申告ソフトを利用していた方ならクラウド版の弥生会計が使いやすいでしょう。

ただし、弥生会計オンラインの購入を検討している場合はインストール型の弥生会計も検討しましょう。

クラウド会計で使える自動で経理なども使えてインストール型なので速いです。

確定申告の基礎知識
クラウド会計比較ガイドをフォローする
クラウド会計比較ガイド